モデルコード・マイナーチェンジ一覧

アウディ A7スポーツバック

モデルコード一覧

  • 現行モデル

    セダン

    2011年5月~
    (平成23年5月~)

グレード一覧

アウディ A7スポーツバック /  2011年5月(平成23年5月)~

現行モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2021年1月

アウディ A7スポーツバック
2021年1月(令和3年1月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した2代目「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。ラインアップは、2L 直列4気筒ターボエンジン搭載の「45TFSIクワトロ」、3L V6型気筒DOHCインタークラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力250kW(340馬力)と最大トルク500Nmを発生する「55TFSIクワトロ Sライン」、2L TDIエンジンを搭載する「40TDIクワトロ」を設定。最新の排ガス基準に適合したTDIエンジン(EA288 evo型)は、最大出力204馬力(150kW)/3800~4200rpm、最大トルク400Nm/1750~3000rpmを発生し、12Vマイルドハイブリッドシステムと協働することで、余裕ある加速感や快適性、そして環境性能を両立。12Vマイルドハイブリッドシステムは従来の電装系用バッテリーに加えて、リチウムイオンバッテリーも搭載。この2つ目のバッテリーの助けによって、55~160km/hの範囲でエンジンをオフにしたコースティング走行、また22km/h以下でのアイドリングストップを実現するほか、5秒間のエンジンアシスト(最大2kW、60Nm)を行っている。通常のスターターモーターより大型のBAS(ベルト オルタネーター スターター)のため、エンジン停止・再始動は非常にスムーズというメリットもある。さらに7速Sトロニック、AWDクラッチを使用する高効率なquattroシステムと組み合わせることで、環境性能と運動性能において、唯一無二のバランスを実現した。今回、「55TFSIクワトロ Sライン」に価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
55TFSIクワトロ Sライン
(右H)セダン
比較表に追加
3AA-F2DLZS 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 10,940,000円
2020年4月

アウディ A7スポーツバック
2020年4月(令和2年4月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した2代目「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。ラインアップは、2L 直列4気筒ターボエンジン搭載の「45TFSIクワトロ」、3L V6型気筒DOHCインタークラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力250kW(340馬力)と最大トルク500Nmを発生する「55TFSIクワトロ Sライン」、「55TFSIクワトロ ラグジュアリー」を設定。12Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた。また、ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)はクランクシャフトにつながっており、エネルギー回生とスムーズなエンジン再始動を実現。今回、新開発2L TDIエンジンを搭載する「40TDIクワトロ」を設定。最新の排ガス基準に適合したTDIエンジン(EA288 evo型)は、最大出力204馬力(150kW)/3750~4200rpm、最大トルク400Nm/1750~3500rpmを発生し、12Vマイルドハイブリッドシステムと協働することで、余裕ある加速感や快適性、そして環境性能を両立。12Vマイルドハイブリッドシステムは従来の電装系用バッテリーに加えて、リチウムイオンバッテリーも搭載。この2つ目のバッテリーの助けによって、55~160km/hの範囲でエンジンをオフにしたコースティング走行、また22km/h以下でのアイドリングストップを実現するほか、5秒間のエンジンアシスト(最大2kW、60Nm)を行っている。通常のスターターモーターより大型のBAS(ベルト オルタネーター スターター)のため、エンジン停止・再始動は非常にスムーズというメリットもある。さらに7速Sトロニック、AWDクラッチを使用する高効率なquattroシステムと組み合わせることで、環境性能と運動性能において、唯一無二のバランスを実現した。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
40TDIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
3CA-F2DFBS 1968 5 7AT FULL4WD 5 km/l 8,120,000円
2020年1月

アウディ A7スポーツバック
2020年1月(令和2年1月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した2代目「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。ラインアップは、3L V6型気筒DOHCインタークラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力250kW(340馬力)と最大トルク500Nmを発生する「55TFSIクワトロ Sライン」、「55TFSIクワトロ ラグジュアリー」を設定。7速SトロニックトランスミッションとAWDクラッチを採用する最新の4輪駆動システムと組み合わせる。全車にマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を標準搭載。このシステムは48Vの主電源を採用しており、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式のオルタネータースターターの働きで、ブレーキング時には最大12kWという高いエネルギー回生を可能にしている。今回、2L 直列4気筒ターボエンジン搭載の「45TFSIクワトロ」を追加設定。直噴ターボ技術により245馬力と370Nmを発生し、新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた。ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)はクランクシャフトにつながっており、エネルギー回生とスムーズなエンジン再始動を実現。このBASは最大5秒間、6kWと60Nmの力でエンジンをアシストすることができ、その回生・アシスト効果により100km走行あたり最大0.3Lの燃費削減が可能(欧州測定基準)。組み合わせるギアボックスはデュアルクラッチ式の7速Sトロニックで、quattroシステムにもインテリジェントなAWDクラッチを備えるタイプを採用し、高効率と高いドライビングダイナミクスを両立するハードウェア構成となった。MHEVシステム用に追加されたリチウムイオンバッテリーは0.15kWhの容量を持ち、エンジンルーム内に配置。またスマートフォンライクな操作を実現した先進のMMIタッチレスポンスを標準装備とした。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
45TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
3AA-F2DKNS 1984 5 7AT FULL4WD 5 km/l 8,190,000円
2019年10月

アウディ A7スポーツバック
2019年10月(令和元年10月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した2代目「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。ラインアップは、3L V6型気筒DOHCインタークラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力250kW(340馬力)と最大トルク500Nmを発生する「55TFSIクワトロ Sライン」を設定。7速SトロニックトランスミッションとAWDクラッチを採用する最新の4輪駆動システムと組み合わせる。全車にマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を標準搭載。このシステムは48Vの主電源を採用しており、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式のオルタネータースターターの働きで、ブレーキング時には最大12kWという高いエネルギー回生を可能にしている。エクステリアでは、ヘッドライトの上部モジュールには縦に12個並んだLEDライトがデイライトランニングライトおよびポジションライトを構成している。ヘッドライトは、LEDライト、HDマトリクスLEDヘッドライトを標準装備。リヤエンドは、ヨットのように両側が細く、長いハッチゲートの後端はリップ状に少し突き出した形状になっており、120km/h以上の高速では、ここに内蔵されたスポイラーが自動的に伸長してリヤのダウンフォースを高める。インテリアには最新のデジタル技術とタッチディスプレイを全面的に採用したMMIタッチレスポンスを新たに開発し搭載した。自動運転関連技術では、5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーと最大で合計23個ものセンサーが搭載され、安全性と快適性を大幅に向上している。新たに追加された機能としては、見通しの悪い交差点でのフロントクロストラフィックアシストや、万が一の車両の側面からの衝突にも備えるプレセンス360、従来のアダプティブクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンアシスト(ALA)、トラフィックジャムアシストの3つの機能を統合したアダプティブドライブアシスト(ADA)などを装備。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行うと共に、「55TFSIクワトロ ラグジュアリー」を追加設定。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
55TFSIクワトロ Sライン
(右H)セダン
比較表に追加
AAA-F2DLZS 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 10,900,000円
55TFSIクワトロ ラグジュアリー
(右H)セダン
比較表に追加
AAA-F2DLZS 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 10,830,000円
2018年9月

アウディ A7スポーツバック
2018年9月(平成30年9月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。今回、2代目となるフルモデルチェンジを行った。ラインアップは、3L V6型気筒DOHCインタークラー付ターボエンジンを搭載し、最高出力250kW(340馬力)と最大トルク500Nmを発生する「55TFSIクワトロ Sライン」、「55TFSIクワトロ デビューパッケージ」を設定。7速SトロニックトランスミッションとAWDクラッチを採用する最新の4輪駆動システムと組み合わせる。全車にマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を標準搭載。このシステムは48Vの主電源を採用しており、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式のオルタネータースターターの働きで、ブレーキング時には最大12kWという高いエネルギー回生を可能にしている。エクステリアでは、ヘッドライトの上部モジュールには縦に12個並んだLEDライトがデイライトランニングライトおよびポジションライトを構成している。ヘッドライトは、LEDライトが標準装備され、HDマトリクスLEDヘッドライトやアウディレーザーライト付HDマトリクスLEDがオプション設定される。リヤエンドは、ヨットのように両側が細く、長いハッチゲートの後端はリップ状に少し突き出した形状になっており、120km/h以上の高速では、ここに内蔵されたスポイラーが自動的に伸長してリヤのダウンフォースを高める。インテリアには最新のデジタル技術とタッチディスプレイを全面的に採用したMMIタッチレスポンスを新たに開発し搭載した。自動運転関連技術では、5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーと最大で合計23個ものセンサーが搭載され、安全性と快適性を大幅に向上している。新たに追加された機能としては、見通しの悪い交差点でのフロントクロストラフィックアシストや、万が一の車両の側面からの衝突にも備えるプレセンス360、従来のアダプティブクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンアシスト(ALA)、トラフィックジャムアシストの3つの機能を統合したアダプティブドライブアシスト(ADA)などを装備。それと同時に、エクステンデッドレザーのインテリア、バング&オルフセンサウンドシステム、ダイナミックオールホイールステアリング(四輪操舵システム)、ダンピングコントロールサスペンションなどのハイグレードな装備を満載した2種類の限定車「55TFSIクワトロ 1stエディション」、「55TFSIクワトロ Sライン 1stエディション」(2モデル合計限定250台)を設定。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
55TFSIクワトロ Sライン
(右H)セダン
比較表に追加
AAA-F2DLZS 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 10,660,000円
55TFSIクワトロ デビューパッケージ
(右H)セダン
比較表に追加
AAA-F2DLZS 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 9,880,000円
2018年1月

アウディ A7スポーツバック
2018年1月(平成30年1月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジンを搭載し、185kW(252馬力)、最大トルク370Nmを発揮する「2.0 TFSIクワトロ」、スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジンを搭載し、245kW(333馬力)、最大トルク440Nmを発揮する「3.0 TFSIクワトロ」を設定。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップシステム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。テールライトにLEDリヤコンビネーションライトダイナミックターンインディケーターを装備。より立体的になったシングルフレームグリル、バンパー、テールパイプ形状を刷新。さらに、BOSEサラウンドサウンドシステムを標準装備し、遮音性に優れたアコースティックガラスを採用。安全装備として、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガード、車線変更の際、危険を察知するとドアミラーに組み込まれたライトが点灯するアウディサイドアシストや自動でステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなども「3.0 TFSIクワトロ」に標準装備。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCYPC 1984 5 7AT FULL4WD 5 km/l 7,320,000円
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCREC 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 9,420,000円
2016年9月

アウディ A7スポーツバック
2016年9月(平成28年9月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジンを搭載し、245kW(333馬力)、最大トルク440Nmを発揮する「3.0 TFSIクワトロ」、直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジンを搭載し、185kW(252馬力)、最大トルク370Nmを発揮する「2.0 TFSIクワトロ」を設定。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップシステム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。テールライトにLEDリヤコンビネーションライトダイナミックターンインディケーターを装備。より立体的になったシングルフレーム グリル、バンパー、テールパイプ形状を刷新。さらに、BOSEサラウンドサウンドシステムを標準装備し、遮音性に優れたアコースティックガラスを採用。安全装備として、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガード、車線変更の際、危険を察知するとドアミラーに組み込まれたライトが点灯するアウディ サイドアシストや自動でステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなども「3.0 TFSIクワトロ」に標準装備。今回、カラー変更を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCYPC 1984 5 7AT FULL4WD 5 km/l 7,250,000円
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCREC 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 9,330,000円
2016年1月

アウディ A7スポーツバック
2016年1月(平成28年1月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジンを搭載し、245kW(333馬力)、最大トルク440Nmを発揮する「3.0 TFSIクワトロ」、直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジンを搭載し、185kW(252馬力)、最大トルク370Nmを発揮する「2.0 TFSIクワトロ」を設定。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップシステム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。テールライトにLEDリヤコンビネーションライトダイナミックターンインディケーターを装備。より立体的になったシングルフレーム グリル、バンパー、テールパイプ形状を刷新。さらに、BOSEサラウンドサウンドシステムを標準装備し、遮音性に優れたアコースティックガラスを採用。安全装備として、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガード、車線変更の際、危険を察知するとドアミラーに組み込まれたライトが点灯するアウディ サイドアシストや自動でステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなども「3.0 TFSIクワトロ」に標準装備。今回、価格変更を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCYPC 1984 5 7AT FULL4WD 5 km/l 7,250,000円
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCREC 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 9,330,000円
2015年4月

アウディ A7スポーツバック
2015年4月(平成27年4月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップ システム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。今回マイナーチェンジを行い、直列4気筒DOHCターボチャージャーエンジン搭載の「2.0 TFSIクワトロ」を追加するとともに、リヤシートを従来の2人用から3人用に変更し、乗車定員は5名に設定。また、「3.0 TFSIクワトロ」は従来モデルに比べて出力が23馬力高められ245kW(333馬力)を発揮。「2.0 TFSIクワトロ」は、185kW(252馬力)、最大トルク370Nmを発揮。テールライトにLEDリヤコンビネーションライトダイナミックターンインディケーターを装備。より立体的になったシングルフレーム グリル、バンパー、テールパイプ形状を刷新。さらに、BOSEサラウンドサウンドシステムを標準装備し、遮音性に優れたアコースティックガラスを採用。安全装備として、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガード、車線変更の際、危険を察知するとドアミラーに組み込まれたライトが点灯するアウディ サイドアシストや自動でステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなども「3.0 TFSIクワトロ」に標準装備。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCYPC 1984 5 7AT FULL4WD 5 km/l 7,160,000円
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCREC 2994 5 7AT FULL4WD 5 km/l 9,240,000円
2014年8月

アウディ A7スポーツバック
2014年8月(平成26年8月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップ システム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。アルミニウム素材の採用による軽量&高剛性ボディ、先進の環境技術や安全装備など、数多くの特徴を備える。また、アウディアクティブレーンアシストを標準装備化。従来モデルから採用されていた事故を未然に防止するアクティブセーフティのパッケージ、アウディプレセンスプラス(アダプティブクルーズコントロール/サイドアシスト/アウディブレーキガード)に加えて、この機能を備えさらに安全性を高めた。今回、カラー変更を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
DBA-4GCGWC 2994 5 7AT FULL4WD 4 km/l 9,140,000円
2014年4月

アウディ A7スポーツバック
2014年4月(平成26年4月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップ システム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。アルミニウム素材の採用による軽量&高剛性ボディ、先進の環境技術や安全装備など、数多くの特徴を備える。また、アウディアクティブレーンアシストを標準装備化。従来モデルから採用されていた事故を未然に防止するアクティブセーフティのパッケージ、アウディプレセンスプラス(アダプティブクルーズコントロール/サイドアシスト/アウディブレーキガード)に加えて、この機能を備えさらに安全性を高めた。右ハンドルのみの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
DBA-4GCGWC 2994 5 7AT FULL4WD 4 km/l 9,140,000円
2013年7月

アウディ A7スポーツバック
2013年7月(平成25年7月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3L 直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせる。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップ システム」(アイドリングストップ機構)を採用。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。アルミニウム素材の採用による軽量&高剛性ボディ、先進の環境技術や安全装備など、数多くの特徴を備える。今回、一部変更を行いアウディアクティブレーンアシストを標準装備化。従来モデルから採用されていた事故を未然に防止するアクティブセーフティのパッケージ、アウディプレセンスプラス(アダプティブクルーズコントロール/サイドアシスト/アウディブレーキガード)に加えて、この機能を備えさらに安全性を高めた。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
DBA-4GCGWC 2994 5 7AT FULL4WD 4 km/l 8,890,000円
2012年2月

アウディ A7スポーツバック
2012年2月(平成24年2月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3.0L 直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。アルミニウム素材の採用による軽量&高剛性ボディ、先進の環境技術や安全装備など、数多くの特徴を備える。スポーツクーペのような低い全高、極限まで切り詰められた前後オーバーハング、精密なプレスラインと引き締まった面構成により、躍動感に溢れ、大きな開口部を持つ電動式リアゲートを有し、ステーションワゴンに匹敵する最大1390Lの広大なラゲッジスペースを実現。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップ システム」(アイドリングストップ機構)を採用し、ストップ&ゴーの多い都市部などでも、より効率的に走りを楽しむことができる。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。今回、燃費性能の向上とカラー変更を行った。10・15モードが11.2km/L、JCO8モードが11.0km/Lを達成し、ボディカラーは全11色を用意。全車右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
DBA-4GCGWC 2994 5 7AT FULL4WD 4 11.2km/l 8,790,000円
2011年5月

アウディ A7スポーツバック
2011年5月(平成23年5月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
クーペの持つスポーティさとエレガントさ、セダンの快適性とプレステージ性、アバントの優れた実用性を融合した「A7スポーツバック(SPORTBACK)」。スーパーチャージャー付V型6気筒3.0L直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。アルミニウム素材の採用による軽量&高剛性ボディ、先進の環境技術や安全装備など、数多くの特徴を備える。スポーツクーペのような低い全高、極限まで切り詰められた前後オーバーハング、精密なプレスラインと引き締まった面構成により、躍動感に溢れ、大きな開口部を持つ電動式リアゲートを有し、ステーションワゴンに匹敵する最大1390リットルの広大なラゲッジスペースを実現。信号待ちや交通渋滞などで車が停止すると、自動的にエンジンを停止させる「スタートストップ システム」(アイドリングストップ機構)を採用し、ストップ&ゴーの多い都市部などでも、より効率的に走りを楽しむことができる。また、走行中の余分な運動エネルギーを使って電力を蓄え、加速時のエンジン負荷を軽減する「エネルギーリカバリーシステム」も搭載。これらの先進システムによって燃費性能は10・15モードが10.2km/L、環境性能はCO2排出量228g/kmを達成。装備には、高品質なミラノレザーシート、タッチパッドと電動格納式8インチ大型モニターを備える最新世代のMMI(マルチメディアインターフェース)、プレミアムサウンドシステムを標準採用。ハンドル位置は右ハンドルのみ。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
3.0TFSIクワトロ
(右H)セダン
比較表に追加
ABA-4GCGWC 2994 5 7AT FULL4WD 4 10.2km/l 8,790,000円

アウディカタログ一覧

英数字
ア行
カ行
  • ※本データの中には、ヤナセ取扱いモデル以外の車両データも掲載しております。限定車のデータは掲載しておりません。
  • ※2004年4月以降の発売車種は、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。
  • ※燃費表示は、10・15モードに基づいた試験場の数値であり、実際の数値は走行条件によって異なります。