ヤナセの新車・限定車

× 閉じる

モデルコード・マイナーチェンジ一覧

メルセデス・ベンツ EQE

モデルコード一覧

  • 現行モデル

    V295

    セダン

    2022年9月~
    (令和4年9月~)

グレード一覧

メルセデス・ベンツ EQE / V295 2022年9月(令和4年9月)~

現行モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2022年9月

メルセデス・ベンツ EQE(V295)
2022年9月(令和4年9月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツ EQモデルとして初となる3ボックスタイプのミドルサイズセダン「EQE」。ラインアップは「EQE350+」を設定。リアアクスルに電動パワートレイン(eATS)を搭載し、最高出力292馬力[215kW]を発生。航続可能距離は624km(WLTCモード一充電走行距離)。電気モーターには永久磁石同期モーター(PSM)を採用。6.0kW(日本における使用で想定される200V・30A充電の場合)までの交流普通充電と、150kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。専用のプラットフォームを新たに設計・開発するだけなく、電気自動車ならではのパッケージの有用性を活かしたエクステリアデザインでは、空力という機能性も兼ね備えた先進の美しさを表現。「ワン・ボウ」(弓)のラインのほか、キャブフォワードデザインを取り入れたスポーティなデザインが特長で、EQSよりもホイールベースが短く、ボディサイドがより絞り込まれている。フロントにエンジンやトランスミッションを縦置きする必要がないことから、メルセデス・ベンツの典型的なシルエットとは異なるキャブフォワードデザインを採用。インテリアデザインは、EQとして初めて電気自動車専用プラットフォームを採用したモデルであり、インテリアデザインにおいてデジタルな要素を取り入れた。デザインはシンプルながら造形美にこだわったシートを採用し、サイドサポートの「ラップアラウンド」形状は、乗員の身体を支えるとともに、シートの中央部とのコントラストによる立体感を生み出している。インテリジェントな回生ブレーキによる運動エネルギー回収をさまざまな方法で行うことができ、アクセルペダルを戻した際やブレーキペダルを踏んだ際に、高電圧 バッテリーの充電を行う。加えて、ドライバーはステアリングホイールのシフトパドルを使って、回生ブレーキによる減速度を3段階(D+、D、D‐)で設定できるほか、コースティング機能を選択することもできる。このほか、前走車との車間距離、登坂・降坂などの道路状況などを加味し、最適な強度の回生ブレーキを行うD Autoモードも選択可能。安全運転支援システムでは、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)、渋滞時緊急ブレーキ機能、アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)などを採用。また、ドライバーを支援するその他のシステムとして、360°カメラシステム、メモリーパーキングアシストなどを用意。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
EQE350+
(右H)セダン
比較表に追加
ZAA-295121 4 CVT FR 5 km/l 12,480,000円
  • ※本データの中には、ヤナセ取扱いモデル以外の車両データも掲載しております。限定車のデータは掲載しておりません。
  • ※2004年4月以降の発売車種は、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。
  • ※燃費表示は、10・15モードに基づいた試験場の数値であり、実際の数値は走行条件によって異なります。