ヤナセの新車・限定車

× 閉じる

モデルコード・マイナーチェンジ一覧

メルセデス・ベンツ EQB

モデルコード一覧

  • 現行モデル

    SUV・クロスカントリー・ライトクロカン

    2022年7月~
    (令和4年7月~)

グレード一覧

メルセデス・ベンツ EQB /  2022年7月(令和4年7月)~

現行モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2022年7月

メルセデス・ベンツ EQB
2022年7月(令和4年7月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
多様なライフスタイルにフィットする新しいコンセプトの電気自動車「EQB」。日本の道路環境下において取り回しのよいサイズでありながら、長いホイールベースを活かした最大7名の乗車や大きな荷物も搭載できるなど日常の使い勝手も両立する。ラインアップは、フロントアクスルに新設計の永久磁石同期モーターが搭載された前輪駆動の「EQB250」、フロントアクスルに非同期モーターを1基、リアアクスルに永久磁石同期モーターを1基搭載した四輪駆動の「EQB350 4マチック」を設定。「EQB250」の最高出力は190馬力(140kW)、最大トルクは385N・mを、「EQB350 4マチック」の最高出力は292馬力(215kW)、最大トルクは520N・mを発揮する。十分な加速力を持ちながら、従来の自動車からの乗り換えであっても違和感を感じないスムーズな制御がされている。エクステリアデザインは、前後のオーバーハングが短く、タイヤをボディの4隅に配置して居住空間を最大限確保するという機能的パッケージを大切にしながらも、筋肉質でエモーショナルな都市型SUVの洗練されたプロポーションとなった。フロントには、中央にスリーポインテッドスターを配したブラックパネルグリルを採用。水平に伸びる光ファイバーのデイタイムランニングライトの帯はフルLEDヘッドライトにつながり昼夜を問わず容易に識別できるデザインとなっている。インテリアにもEQ独自のデザイン要素を採用し、アルミニウムルックのチューブ形状デザインがドアやコンソール、助手席側のダッシュボードに施され、グラブハンドルとしての機能を備えつつ、室内のしっかりとしたしつらえを強調している。前席エアアウトレットやクルマのキーなどに見られるローズゴールドの色彩は、モーターのコイルの色をモチーフにしたもので、電気自動車であることをさりげなく主張する。さらに、「EQB」はスクエアで車高が高く、かつ長いホイールベースを活かして、乗員が快適にくつろぐことができる、広い室内空間を実現した。また、安全運転支援システムも標準装備とし、アクティブセーフティも追求している。右ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
EQB250
(右H)SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
比較表に追加
ZAA-243601C 5 CVT FF 7 km/l 7,880,000円
EQB350 4マチック
(右H)SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
比較表に追加
ZAA-243612C 5 CVT FULL4WD 7 km/l 8,700,000円
  • ※本データの中には、ヤナセ取扱いモデル以外の車両データも掲載しております。限定車のデータは掲載しておりません。
  • ※2004年4月以降の発売車種は、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。
  • ※燃費表示は、10・15モードに基づいた試験場の数値であり、実際の数値は走行条件によって異なります。