お車お探しサービス

× 閉じる

モデルコード・マイナーチェンジ一覧

キャデラック キャデラックドゥビル

モデルコード一覧

  • 歴代モデル

    セダン

    1999年11月~2006年6月
    (平成11年11月~平成18年6月)

グレード一覧

キャデラック キャデラックドゥビル /  1999年11月(平成11年11月)~2006年6月(平成18年6月)

歴代モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2004年11月

キャデラック キャデラックドゥビル
2004年11月(平成16年11月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャデラックドゥビルはコンコースの後継車種にあたる高級ラグジュアリーサルーン。全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。搭載されるエンジンはレギュラーガソリンでも走行可能な、V型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるのは左ハンドルのコラム式4速ATのみ。6名定員となる前後席は、ともにゆったりした大型サイズのヒーター内蔵本革シートを採用。乗員の姿勢変化をセンサーが読み取り、シートバックとクッションの空気圧を自動制御する、アダプティブシートを装備する。フロントシートにクーリング機能とステアリングホイールのヒーター機能も持つ。キャデラックビジョンと呼ばれるDVD式VICS対応ボイスナビや、設計段階からBOSE社と共同開発した専用の6連装CD+8スピーカー音響システムも設置。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、ABS、横滑りを防ぐスタビリトラック、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備され、オプションで電動スライディングルーフと車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択できる。ナイトビジョンは、ヘッドライトの届かない前方の人や動物、クルマなどから放射される遠赤外線を感知し、バーチャルイメージ画像でドライバーの視界前方に表示する世界初のシステムである。2005年モデルは、ボディ色に新色のライトカシミア、ブルーアイスを追加し全8色を設定した。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS
(左H)セダン
比較表に追加
GH-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.5km/l 8,250,000円
2004年4月

キャデラック キャデラックドゥビル
2004年4月(平成16年4月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャデラックドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。搭載されるエンジンはレギュラーガソリンでも走行可能な、V型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるのは左ハンドルのコラム式4速ATのみ。6名定員となる前後席は、ともにゆったりした大型サイズのヒーター内蔵本革シートを採用。乗員の姿勢変化をセンサーが読み取り、シートバックとクッションの空気圧を自動制御する、アダプティブシートを装備する。フロントシートにクーリング機能とステアリングホイールのヒーター機能を新たに追加した。キャデラックビジョンと呼ばれるDVD式VICS対応ボイスナビや、設計段階からBOSE社と共同開発した専用の6連装CD+8スピーカー音響システムも設置。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、ABS、横滑りを防ぐスタビリトラック、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備され、オプションで電動スライディングルーフと車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択できる。ナイトビジョンは、ヘッドライトの届かない前方の人や動物、クルマなどから放射される遠赤外線を感知し、バーチャルイメージ画像でドライバーの視界前方に表示する世界初のシステム。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS
(左H)セダン
比較表に追加
GH-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.5km/l 8,242,500円
2003年11月

キャデラック キャデラックドゥビル
2003年11月(平成15年11月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャデラックドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。搭載されるエンジンはレギュラーガソリンでも走行可能な、V型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるのは左ハンドルのコラム式4速ATのみ。6名定員となる前後席は、ともにゆったりした大型サイズのヒーター内蔵本革シートを採用。乗員の姿勢変化をセンサーが読み取り、シートバックとクッションの空気圧を自動制御する、アダプティブシートを装備する。フロントシートにクーリング機能とステアリングホイールのヒーター機能を新たに追加した。キャデラックビジョンと呼ばれるDVD式VICS対応ボイスナビや、設計段階からBOSE社と共同開発した専用の6連装CD+8スピーカー音響システムも設置。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、ABS、横滑りを防ぐスタビリトラック、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備され、オプションで電動スライディングルーフと車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択できる。ナイトビジョンは、ヘッドライトの届かない前方の人や動物、クルマなどから放射される遠赤外線を感知し、バーチャルイメージ画像でドライバーの視界前方に表示する世界初のシステム。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS
(左H)セダン
比較表に追加
GH-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.5km/l 7,850,000円
2003年4月

キャデラック キャデラックドゥビル
2003年4月(平成15年4月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャデラックドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。コンコースと比べると全長で75mm、全幅で40mm短縮されているが、それでも全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。大型のグリルとマルチリフレクターヘッドランプで構成されるフロントは、ビッグサルーンの名に恥じないもの。搭載されるエンジンはレギュラーガソリンでも走行可能な、V型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるのは左ハンドルのコラム式4速ATのみ。6名定員となる前後席は、ともにゆったりした大型サイズのヒーター内蔵本革シートを採用。乗員の姿勢変化をセンサーが読み取り、シートバックとクッションの空気圧を自動制御する、アダプティブシートを装備する。キャデラックビジョンと呼ばれるDVD式VICS対応ボイスナビや、設計段階からBOSE社と共同開発した専用の6連装CD+8スピーカー音響システムも設置。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、ABS、横滑りを防ぐスタビリトラック、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備され、オプションで電動スライディングルーフと車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択できる。ナイトビジョンは、ヘッドライトの届かない前方の人や動物、クルマなどから放射される遠赤外線を感知し、バーチャルイメージ画像でドライバーの視界前方に表示する世界初のシステム。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード
(左H)セダン
比較表に追加
GH-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.5km/l 7,850,000円
2002年2月

キャデラック キャデラックドゥビル
2002年2月(平成14年2月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャディラックの最新モデル・ドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。ドゥビルとはフランス語に由来する言葉で、「町のクルマ」という意味が込められている。コンコースと比べると全長で75mm、全幅で40mm短縮されているが、それでも全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。大型のグリルとマルチリフレクターヘッドランプで構成されるフロントは、ビッグサルーンの名に恥じないもの。リヤまわりはコンコースから引き継いだ縦型のコンビネーションランプを採用。このランプはLEDによる点灯方式が採られている。搭載されるエンジンはレギュラーガソリンでも走行可能なV型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生するこのエンジンはフロントに搭載され、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるグレードは左ハンドル・コラム式4ATのDHSのみ。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、ABS、横滑りを防ぐスタビリトラック、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備され、オプションで車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択可能。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS
(左H)セダン
比較表に追加
GF-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.5km/l 7,160,000円
2000年12月

キャデラック キャデラックドゥビル
2000年12月(平成12年12月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャディラックの最新モデル・ドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。ドゥビルとはフランス語に由来する言葉で、「町のクルマ」という意味が込められている。コンコースと比べると全長で75mm、全幅で40mm短縮されているが、それでも全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。大型のグリルとマルチリフレクターヘッドランプで構成されるフロントは、ビッグサルーンの名に恥じないもの。リヤまわりはコンコースから引き継いだ縦型のコンビネーションランプを採用。このランプはLEDによる点灯方式が採られている。搭載されるエンジンはレギュラーガソリンでも走行可能なV型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生するこのエンジンはフロントに搭載され、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるグレードは左ハンドル・コラム式4ATのDHSのみ。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、ABS、横滑りを防ぐスタビリトラック、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備され、オプションで車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択可能。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS
(左H)セダン
比較表に追加
GF-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.1km/l 7,100,000円
2000年4月

キャデラック キャデラックドゥビル
2000年4月(平成12年4月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャディラックの最新モデル・ドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。ドゥビルとはフランス語に由来する言葉で、「町のクルマ」という意味が込められている。コンコースと比べると全長で75mm、全幅で40mm短縮されているが、それでも全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。大型のグリルとマルチリフレクターヘッドランプで構成されるフロントは、ビッグサルーンの名に恥じないもの。リヤまわりはコンコースから引き継いだ縦型のコンビネーションランプを採用。このランプはLEDによる点灯方式が採られている。搭載されるエンジンはV型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生するこのエンジンはフロントに搭載され、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるグレードは左ハンドルのDHSのみ。デュアル&サイドエアバッグとABSが標準装備され、オプションで車載赤外線暗視システム「ナイトビジョン」も選択可能。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS ナイトビジョン装着車
(左H)セダン
比較表に追加
GF-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.1km/l 8,200,000円
1999年11月

キャデラック キャデラックドゥビル
1999年11月(平成11年11月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
キャディラックの最新モデル・ドゥビルはコンコースの後継車種にあたるラグジュアリーサルーン。ドゥビルとはフランス語に由来する言葉で、「町のクルマ」という意味が込められている。コンコースと比べると全長で75mm、全幅で40mm短縮されているが、それでも全長は5260mm、全幅は1900mmあり、堂々としたアメリカンサイズ。大型のグリルとマルチリフレクターヘッドランプで構成されるフロントは、ビッグサルーンの名に恥じないもの。リヤまわりはコンコースから引き継いだ縦型のコンビネーションランプを採用。このランプはLEDによる点灯方式が採られている。搭載されるエンジンはV型8気筒の4.6L。最高出力279馬力を発生するこのエンジンはフロントに搭載され、そのままフロントアクスルを駆動するFF方式となる。日本に輸入されるグレードは左ハンドルのDHSのみ。デュアル&サイドエアバッグとABSが標準装備される。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DHS
(左H)セダン
比較表に追加
GF-AK64K 4564 4 4AT FF 6 7.1km/l 6,990,000円
  • ※本データの中には、ヤナセ取扱いモデル以外の車両データも掲載しております。限定車のデータは掲載しておりません。
  • ※2004年4月以降の発売車種は、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。
  • ※燃費表示は、10・15モードに基づいた試験場の数値であり、実際の数値は走行条件によって異なります。