ヤナセの新車・限定車

× 閉じる

モデルコード・マイナーチェンジ一覧

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン

モデルコード一覧

  • 現行モデル

    S213

    ワゴン

    2021年9月~
    (令和3年9月~)

  • 歴代モデル

    W213

    ワゴン

    2016年11月~2021年9月
    (平成28年11月~令和3年9月)

  • 歴代モデル

    W212

    ワゴン

    2015年5月~2016年11月
    (平成27年5月~平成28年11月)

グレード一覧

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン / S213 2021年9月(令和3年9月)~

現行モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2021年9月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(S213)
2021年9月(令和3年9月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダンと2ドアクーペ、ステーションワゴン、カブリオレの4タイプ。ラインアップは、3L 直列6気筒エンジンを搭載し、ISGと48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせた「E53 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。エクステリアデザインをシャープでダイナミックな印象に一新し、最新の安全運転支援システムが全てのモデルで標準装備となった。「E53 4マチック+」は、縦にルーバーが入った「AMG専用ラジエーターグリル」を採用し、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドを採用。さらに、新世代ステアリングホイールを初採用、また、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」や安全運転支援システムをメルセデス・ベンツの最新のシステムにアップデートするなど、安全性と快適性をさらに向上。今回、価格改定と一部装備の変更を行い、MBUX ARナビゲーション、フットトランクオープナー(トランク自動開閉機能)等を標準装備、オプション装備ともに設定を停止する。右ハンドル設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E53 4マチック+ ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
4AA-213261 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 13,280,000円

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン / W213 2016年11月(平成28年11月)~2021年9月(令和3年9月)

歴代モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2020年9月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2020年9月(令和2年9月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダンと2ドアクーペ、ステーションワゴン、カブリオレの4タイプ。ラインアップは、3L 直列6気筒エンジンを搭載し、ISGと48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせた「E53 4マチック+ ステーションワゴン」、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。今回、エクステリアデザインをシャープでダイナミックな印象に一新し、最新の安全運転支援システムが全てのモデルで標準装備となった。「E53 4マチック+」は、縦にルーバーが入った「AMG専用ラジエーターグリル」を採用し、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドを採用。「E63 S 4マチック+」は、フロントグリルには縦にルーバーが入った「AMG専用ラジエーターグリル」を採用。また、形状を変更したジェットウイング形のフロントエプロンとシルバーシャドウ仕上げのフロントスプリッターは、エアインテークの大型化とともに、フロントアクスルに働く揚力を大きく低減するよう改良した。3チャンバーエアサスペンションは、アダプティブ・ダンピング・システムの採用によって、卓越したドライビングダイナミクスに加え、ロードノイズとタイヤ振動の面でも優れた特性を有している。新世代ステアリングホイールを初採用、また、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」や安全運転支援システムをメルセデス・ベンツの最新のシステムにアップデートするなど、安全性と快適性をさらに向上。「MBUX」では、日本で販売される乗用車で初のAR(Augmented Reality = 拡張現実)ナビゲーションを採用した。「E53 4マチック+ ステーションワゴン」は右ハンドル、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」は左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E53 4マチック+ ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
4AA-213261 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 12,880,000円
E63 S 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
7BA-213289 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 19,120,000円
2019年10月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2019年10月(令和元年10月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダンと2ドアクーペ、ステーションワゴン、カブリオレの4タイプ。ラインアップは、3L 直列6気筒エンジンを搭載し、ISGと48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせた「E53 4マチック+ ステーションワゴン」、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「E63 4マチック+ ステーションワゴン」、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。安全装備として、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)やアクティブステアリングアシストなどを採用。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。「E53 4マチック+ ステーションワゴン」は右ハンドル、その他は、左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E53 4マチック+ ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
CAA-213261 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 12,900,000円
E63 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213288 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 17,710,000円
E63 S 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213289 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 19,300,000円
2019年1月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2019年1月(平成31年1月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダンと2ドアクーペ、ステーションワゴン、カブリオレの4タイプ。ラインアップは、3L 直列6気筒エンジンを搭載し、ISGと48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせた「E53 4マチック+ ステーションワゴン」、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「E63 4マチック+ ステーションワゴン」、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。安全装備として、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)やアクティブステアリングアシストなどを採用。今回、価格改定を行った。「E53 4マチック+ ステーションワゴン」は右ハンドル、その他は、左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E53 4マチック+ ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
CAA-213261 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 12,640,000円
E63 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213288 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 17,390,000円
E63 S 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213289 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 18,950,000円
2018年9月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2018年9月(平成30年9月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダン、ステーションワゴンの2タイプ。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「E63 4マチック+ ステーションワゴン」、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化され、シリンダーウォールには、スチールカーボン材を溶射コーティングすることで大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE加工が施された。また、スマートフォンで操作するリモートパーキングアシストを含む「Mercedes me connect」を全モデルに標準装備。今回、3L 直列6気筒エンジン搭載の「E53 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせ、さらに可変トルク配分を行う、パフォーマンス志向の四輪駆動システムを採用。フロントデザインには、ダイヤモンドグリルを採用。フロントスポイラーにはシルバークロームのフロントスプリッターを備えた。左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれ、その外側にブラックのフリックを採用した。インテリアは、「AMGパフォーマンスステアリングホイール」を採用。上質かつスポーティなデザインとなっているほか、ステアリングから手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などが行える、「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチも装備。安全装備として、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)やアクティブステアリングアシストなどを採用。「E53 4マチック+ ステーションワゴン」は右ハンドル、その他は、左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E53 4マチック+ ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
CAA-213261 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 12,390,000円
2018年8月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2018年8月(平成30年8月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダン、ステーションワゴンの2タイプ。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「E63 4マチック+ ステーションワゴン」、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化され、シリンダーウォールには、スチールカーボン材を溶射コーティングすることで大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE加工が施された。また、スマートフォンで操作するリモートパーキングアシストを含む「Mercedes me connect」を全モデルに標準装備。今回、一部改良を行った。ステアリングに上質かつスポーティなデザインを採用。さらに、ステアリングから手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などを行うことができる「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチを備えており、操作性が向上した。左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E63 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213288 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 17,050,000円
E63 S 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213289 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 18,580,000円
2018年1月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2018年1月(平成30年1月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダン、ステーションワゴンの2タイプ。ラインアップは、メルセデスAMGが専用開発した3L V6直噴ツインターボ搭載の「E43 4マチック ステーションワゴン」、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「E63 4マチック+ ステーションワゴン」、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を設定。アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化され、シリンダーウォールには、スチールカーボン材を溶射コーティングすることで大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE加工が施された。また、スマートフォンで操作するリモートパーキングアシストを含む「Mercedes me connect」を全モデルに標準装備。今回、価格改定を行った。「E43 4マチック ステーションワゴン」は右ハンドル、その他は、左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E43 4マチック ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213264 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 11,890,000円
E63 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213288 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 17,050,000円
E63 S 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213289 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 18,580,000円
2017年8月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2017年8月(平成29年8月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダン、ステーションワゴンの2タイプ。ラインアップは、メルセデスAMGが専用開発した3L V6直噴ツインターボ搭載の「E43 4マチック ステーションワゴン」を設定。アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化され、シリンダーウォールには、スチールカーボン材を溶射コーティングすることで大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE加工が施された。今回、メルセデスAMG社が完全自社開発したスポーツカー「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするAMG 4L V8直噴ツインターボエンジン「M177」搭載の「E63 4マチック+ ステーションワゴン」、「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」を追加。エクステリアは、Aピラーより前方を専用デザインとしたスポーティなフロントは、メルセデスAMGのステーションワゴンとして初めて、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込む、クーペ的なデザインを採用。インテリアは、リム下部がフラットな形状の「AMG パフォーマンスステアリングホイール」にAMGロゴをあしらっている。「E63 S 4マチック+ ステーションワゴン」には、ナッパレザーを張ったダッシュボードとベルトライン、フロントヘッドレストのAMGエンブレム、クリスタルグレーのシートパイピング、クリスタルグレーのシートベルトを設定し、スポーティな中に高級感を演出。さらに、スマートフォンで操作するリモートパーキングアシストを含む「Mercedes me connect」を全モデルに標準装備した。また、「E43 4マチック ステーションワゴン」には、セダンと同様に、前席にシートベンチレーター、アクティブマルチコントロールシートバックで構成される「エクスクルーシブパッケージ」を新たにパッケージオプションとして設定。「E43 4マチック ステーションワゴン」は右ハンドル、その他は、左ハンドルの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E43 4マチック ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213264 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 11,760,000円
E63 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213288 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 16,860,000円
E63 S 4マチック+ ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213289 3982 5 9AT FULL4WD 5 km/l 18,380,000円
2016年11月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W213)
2016年11月(平成28年11月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダン、ステーションワゴンの2タイプ。今回、メルセデスAMGが専用開発した3L V6直噴ツインターボ搭載の「E43 4マチック ステーションワゴン」を追加。アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化され、シリンダーウォールには、スチールカーボン材を溶射コーティングすることで大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE加工が施された。メルセデスAMG 43シリーズの中で最もハイパフォーマンスな、最高出力295kW(401馬力)、最大トルク520N・m(53.0kgf・m)を発揮し、0‐100km/h加速4.7秒を実現。エクステリアは、セダンをベースにスポーティかつ伸びやかなクーペのような流麗なプロポーションが印象的なリアエンドを備えながらCd値0.28という優れた空力性能を実現し、ダイヤモンドグリルとシングルルーバーの専用デザインと20インチの大径ホイールを備える。インテリアでは、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを設定して、この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素となっている。また、ラゲッジスペースは、リアサスペンションの取付位置をステーションワゴン専用とすることでフラットな荷室空間を実現。後席バックレストは、ラゲッジルーム左右または後席左右のスイッチで簡単に倒すことができ、すべて倒すことで最大1,820L(VDA方式)の余裕あるスペースが出現。安全装備では、完全自動運転にさらに近づく革新的な安全運転支援システム「ドライブパイロット」を採用。右ハンドルのみの設定。(カタログ諸元データは、欧州仕様参考値含みます。)
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E43 4マチック ステーションワゴン
(右H)ワゴン
比較表に追加
CBA-213264 2996 5 9AT FULL4WD 5 km/l 11,860,000円

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン / W212 2015年5月(平成27年5月)~2016年11月(平成28年11月)

歴代モデル

マイナーチェンジ・モデル追加・価格変更の年月一覧

2015年5月

メルセデス-AMG Eクラスステーションワゴン(W212)
2015年5月(平成27年5月)発売モデル

プロフィール・スペック

このモデルの説明を見る
メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。モータースポーツを起源とするメルセデスAMGが創り出す、他にはないハイパフォーマンスモデルメルセデスAMG「Eクラスステーションワゴン」。ボディバリエーションは、4ドアセダン、ステーションワゴンの2タイプ。AMG独自開発による5.5L V型8気筒直噴ツインターボエンジン搭載。ラインアップは、「E63 4マチック ステーションワゴン」、4WD駆動モデルの「E63 S 4マチック ステーションワゴン」を設定。「E63 S 4マチック ステーションワゴン」は、前33:後67というパフォーマンス志向のトルク配分によって、あふれるほどのパワーを強烈なトラクションに変換。「E63 S マチック ステーションワゴン」はカーボンファイバーパーツや専用ホイール、レッドブレーキ・キャリパー、AMGリミテッド・スリップ・デフやさらなるチューンアップを受けたハイパワーエンジンを搭載。ボディカラーは「ダイヤモンドホワイト」を含む全12色を用意。左ハンドルのみの設定。
グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
E63 4マチック ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-212292 5461 5 7AT FULL4WD 5 km/l 16,330,000円
E63 S 4マチック ステーションワゴン
(左H)ワゴン
比較表に追加
CBA-212276 5461 5 7AT FULL4WD 5 km/l 17,740,000円
  • ※本データの中には、ヤナセ取扱いモデル以外の車両データも掲載しております。限定車のデータは掲載しておりません。
  • ※2004年4月以降の発売車種は、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。
  • ※燃費表示は、10・15モードに基づいた試験場の数値であり、実際の数値は走行条件によって異なります。